元永定正 MOTONAGA Sadamasa

略歴

タイトル : もりあげのところはしろときいろ
1988 アクリル キャンバス
サイズ : 4F

1922
三重県伊賀市に生まれる。

1938
三重県上野商業学校を卒業後、大阪の機械工具店に就職。

1944年
上野に戻り、画家の濱邊萬吉に師事。

1946年
濱邊が局長を務める郵便局に就職し、本格的に油彩画をはじめる。

1948年
三重県総合美術展に出品。第1回展奨励賞、第2回展入選。

1953年
第6回芦屋市美術協会主催の芦屋市展でフォーヴ風人物画「黄色の裸婦」がホルベイン賞受賞
芦屋市美術協会主催「真夏の太陽にいどむ野外モダンアート実験展」をきっかけに具体美術協会に入会。

1957年
大阪の阪急百貨店で初個展。
西宮美術教室で、のちに夫人となる中辻悦子と出逢う。

1958年
日本画のたらし込み技法からヒントをえて、キャンバス上に絵具を流した絵画をつくり始める。

1960年
ミシェル・タピエの紹介でニューヨークのマーサ・ジャクソン画廊と1年契約を結ぶ。

1961年
トリノの国際美学研究センターと10年契約を結ぶ。
東京での個展をきっかけに、東京の作家や評論家たちと交流を持つ。

1964年
第6回現代日本美術展で最優秀賞を受賞。

1966年
ジャパンソサエティの招聘で妻の中辻悦子を伴って渡米。

1967年
帰国。

1970年
大阪万国博覧会のお祭り広場で行われた具体美術まつりに参加。

1971年
具体美術協会を脱退。

1973年
初めて原画を手掛けた英文の絵本「ポアン・ホワンけのくもたち」刊行。

1977年
谷川俊太郎による絵本「もこ もこもこ」刊行。

1986年
「前衛の日本 1910-1970」(ポンピドゥーセンター、パリ)に参加。

1988年
フランス政府の芸術文芸シュヴァリエ章を受賞

1990年
「日本の前衛 -1950年代の具体グループ」(ローマ国立近代美術館)に参加。

1991年
紫綬褒章を受賞

1993年
「東方への道」(第45回ヴェネツィアビエンナーレ)に参加。

1997年
勲四等旭日小綬章を受賞。

2002年
三重県民功労賞文化賞を受賞。

2011年
前立腺がんのため逝去。

 

(参考:「日本美術年鑑」平成24年版 437-438貢)