村上隆 MURAKAMI Takashi

 

1.”Korin; Flowers”
 2.”The Golden Age; Hokkyo Takashi”
2016
Offset print
cold stamp and silkscreen
with spot UV varnishing
Signed & numbered
ø71.0cm
ed.300
”A Red River is Visible”
2014
Offset print 4c process with cold stamp and high gloss varnishing
Signed, numbered
ø71.0cm
ed.300
”Homage to Francis Bacon (Study for Head of lsabel Rawsthome and George Dyer)”
Offset print
Signed
49.3×49.3cm
ed.300
”My arms and legs rot off and though my blood rushes forth, the tranquility of my heart shall be prized above all.<Red blood, black blood, blood that is not blood>”
Offset print
Signed
70×83cm
ed.300
“An Homage to Monogold 1960 A”
2012
Offset print 4c process with cold stamp
Signed and numbered
73.7cm×53.0cm
ed.300
“Shangri-La Blue”
Offset print
Signed
68cm×68cm
ed.300
“Open Your Hands Wide”
2010
Offset print with silver and high gloss varnishing
Signed, dated and numbered
76.6cm×92cm
ed.300
“Flowers on the Island Closest to Heaven”
2018
Silkscreen
Signed, dated and numbered
42.4cm×34.1cm
ed.100

略歴

「スーパーフラット」セオリーの発案者にしてそのセオリー代表作家。
アーティスト、キュレーター、コレクター、映画監督、有限会社カイカイキキ創業者。

「SUPERFLAT」(渋谷パルコ、ロサンゼルス現代美術館など巡回)、「Coloriage(ぬりえ)」(パリカルティエファウンデーション)「Little Boy」(NYジャパンソサエティ)の三部作となるキュレーション展を行う。 ラストとなった「LittleBoy」展はAICA USA(全米批評家連盟)によるベスト展覧会賞を受賞。

2016年TVアニメ作品 『6HP』(Six Hearts Princess)の放送が始まる。
実写映画監督作品「めめめのくらげ2」製作中。

経歴
1993 東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了
1962 東京生まれ

受賞歴

国内
2016 第66回芸術選奨文部科学大臣賞 受賞
2008 GQ Men of the Year 2008 受賞
2006 第11回AMDアワード功労賞受賞(Digital Contents of The Year’05)
第56回芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)受賞
2004 コンパニヨン・デュ・ボージョレー騎士号授与
カルチャー部門『タグ・ホイヤー ビジネス・アワード 2004』受賞(ダイヤモンド社)
2003 第46回FEC賞 特別賞受賞
海外
2008 Time The Most Influential People In The World 100
2006 「ベスト展覧会」受賞(ニューヨーク/AICA)
2005 文化芸術賞(ニューヨーク/ジャパン・ソサエティー)
1998 客員教授(カリフォルニア大学ロサンゼルス校 / School of the Arts and Architecture)
1994-95 P.S.1 インターナショナル・スタジオ・プログラム
(アジアン・カルチュラル・カウンシル)
個展
2018 「TAKASHI MURAKAMI IN WONDERLAND」ペロタンギャラリー(上海)
「AMERICA TOO」ガゴシアンギャラリー(ロサンゼルス)
「Change the Rule!」ガゴシアンギャラリー(香港)
「TECHNICOLOR 2」ガゴシアンギャラリー(パリ)
「Takashi Murakami: The Octopus Eats Its Own Leg」
フォートワース現代美術館(フォートワース)
「”Heads↔︎Heads”」ペロタンギャラリー(ニューヨーク)
「Takashi Murakami: The Octopus Eats Its Own Leg」
バンクーバー美術館(バンクーバー)
「future history」ガゴシアンギャラリー(デイヴィースストリート、ロンドン)
2017 「The Deep End of the Universe」オルブライト=ノックス美術館(バッファロー)
「村上隆:奇想の系譜 辻惟雄とボストン美術館のコラボレーション」ボストン美術館(ボストン)
「Under the Radiation Falls」ガレージ現代美術館(モスクワ)
「The Octopus Eats Its Own Leg」シカゴ現代美術館(シカゴ)
「Murakami by Murakami」アストルップ・ファーンリ現代美術館(オスロ)
2016 「Learning the Magic of Painting」ペロタンギャラリー(パリ)
2015 「村上隆の五百羅漢図展」森美術館(東京)
「円相」カイカイキキギャラリー(東京)
「Solo Exhibition」Art Projects Ibiza, Lune Rouge, Ibiza Gran Hotel, HEART Ibiza(イビザ)
2014 「In the Land of the Dead, Stepping on the Tail of a Rainbow」ガゴシアンギャラリー(ニューヨーク)
「ARHAT CYCLE」パラッツォ・レアレ(ミラノ)
2013 「Takashi in Superflat Wonderland」サムスンプラトー美術館(ソウル)
「Solo Exhibition」ペロタンギャラリー(香港)
「ARHAT」BLUM&POE (ロサンゼルス)
2012 「Flowers & Skulls」ガゴシアンギャラリー(香港)
「Murakami – Ego」Al Riwaq Exhibition Hall(ドーハ)
2011 「HOMAGE TO YVES KLEIN」ペロタンギャラリー(パリ)
「Solo Exhibition」ガゴシアンギャラリー(ロンドン)
2010 「Solo Exhibition」ガゴシアンギャラリー(ローマ)
「MURAKAMI VERSAILLES」ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユ)
2009 「版画が好きで造って来ました」ARKIギャラリー(台北)
「版画が好きで造って来ました」カイカイキキギャラリー(東京)
「Takashi Murakami Paints Self Portraits」ペロタンギャラリー(パリ)
「©MURAKAMI」ビルバオグッゲンハイム美術館(ビルバオ)
2008 「Davy Jones’ Tear」BLUM&POE (ロサンゼルス)
「©MURAKAMI」ブルックリン美術館(ブルックリン); フランクフルト現代美術館(フランクフルト)
2007 「©MURAKAMI」ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)
「Tranquility of the heart, torment of the flesh ― open wide the eye of the heart, and nothing is invisible」ガゴシアンギャラリー(ニューヨーク)

 

コレクション展
2017 「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」十和田市現代美術館(青森)
2016 「村上隆のスーパーフラット・コレクション
―蕭白、魯山人からキーファーまで―」横浜美術館(神奈川)
キュレーション展
2016 「Juxtapoz x Superflat: Curated by Takashi Murakami and Evan Pricco」ピボットアートアンドカルチャー(シアトル)、バンクーバーアートギャラリー(バンクーバー)
2015 「Kazunori Hamana, Yuji Ueda, Otani Workshop: Curated by Takashi Murakami」BLUM&POE(ロサンゼルス、ニューヨーク)
2005 「リトルボーイ」ニューヨークジャパンソサエティ(ニューヨーク)
2004 「東京ガールズ・ブラボー」マリアン・ボースキーギャラリー(ニューヨーク)
「 LFL3人展:青島千穂、Mr. 、タカノ綾 」ペロタン・ギャラリー、LFLギャラリー(ニューヨーク)
2002 「ぬりえ展」現代美術カルティエ財団(パリ)
2001 「ヒロポン・ショー」東京都現代美術館(東京)
「スーパーフラット」ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)、ウォーカーアートセンター(ミネアポリス)、ヘンリー・アートギャラリー(シアトル)
2000 「スーパーフラット」渋谷パルコミュージアム(東京)、名古屋パルコギャラリー(愛知)
タカノ綾個展「ホットバナナファッジ」NADiff(東京)、ジョージーズ(ロサンゼルス)
1999 「ヒロポン32-80」NADiff(東京)
「東京ガールズ・ブラボー」NADiff(東京)、名古屋パルコギャラリー(愛知)
「ヒロポン・ショー」渋谷パルコミュージアム(東京)、名古屋パルコギャラリー(愛知)
1998 Mr.個展「大江戸くノ一忍法帳 おマメ大ピンチ」shop33(東京)
「エロ・ポップ・トーキョー」ジョージーズ(ロサンゼルス)
1997 タカノ綾個展「SHU★WA★KIMASERI」shop33(東京)
「トウキョウセックス」NAS(東京)
「ヒロポン・ショー」shop33(東京)、岩田屋Z-SIDE W&LT Shop(福岡)、金沢美術工芸大学マン研ギャラリー(石川)
1996 Mr.個展「フローネ&ペリーヌ」shop33(東京)
「ピコピコショー」佐賀町bis(東京)

※Kaikai Kiki Gallery HP(https://bit.ly/2GBb55e)より引用