須田剋太 Kokuta SUDA

「抽象」
紙にグワッシュ
S.39.6×29.2

略歴

埼玉県に生まれ、当初具象画の世界で官展の特選を重ねましたが、昭和49[1949]年以降から抽象画へと進み、力強い奔放なタッチを特徴とした画家です。小説家の司馬遼太郎の紀行文集『街道をゆく』の挿絵を担当したことで、須田の名前が広く知られるようになりました。ちなみに、抽象画家でしたが、『街道を行く』の挿絵などは具象画を描いています。また、道元禅の世界を愛した須田は、書でも独自の才能を発揮し、多くの作品を残しました。

1906年 埼玉県にて生まれる。

1927年 埼玉県立熊谷中学校を卒業。その後東京藝術大学に4度受験するも失敗。独学で絵を学ぶ。

1936年 文展で初入選

1939年 文展で「読書する男」が特選。

1949年 長谷川三郎と出会い、国画会には入り、抽象画の道へ進む。

1950年  森田子龍編集の「書の美」に論文を発表する。以後「墨美」や墨人会同人との交流を通して書に深く傾倒。

「抽象」
紙にグワッシュ
S.28.5×36.6

1960年 第1回個展(大阪フォルム画廊)。

1961年  現代日本絵画展に出品。カーネギー国際現代絵画彫刻展(アメリカ)に出品。

1962年 西宮市民文化賞を受賞

1971年 司馬遼太郎に同行しながら、「街道をゆく」の挿絵を描き始める。

1975年 郷里の吹上町文化賞を受賞。

1983年「街道をゆく」の挿絵で第14回講談社出版文化賞を受賞。

1989年 埼玉県立近代美術館にすべての抽象の油彩画、グワッシュの合計293点を寄贈。

1990年 油彩画45点、グワッシュ320点、挿絵1858点の計2223点の作品を大阪府に寄贈。死期を感じ取り作品を散逸させないため大量の寄贈を行ったと言われている。

1990年 7月14日午後5時28分、兵庫県神戸市北区の社会保険中央病院にて84歳で死去。

(wikipediaから抜粋 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E7%94%B0%E5%89%8B%E5%A4%AA)